欲しいヘアアイロンはコレ

週に数回ヘアアイロンで髪を巻くのですが、巻く度に恐怖の念にかられます。ヘアアイロンと巻いている髪の間から蒸気の様なものが出ているので、これって髪に良い訳がありません。

 

 

 

下手すれば手や頬が火傷するし、怖い思いをして巻き髪を作っています。

 

 

 

そういえば頭皮の痒みも感じるこの頃。やっぱりヘアアイロンの使用を止めるべきなのでしょう。

 

 

 

で、思い切ってヘアアイロン使用を止めてみました。すると髪の毛はどうなるか?量が少な目でネコッ毛の私の髪は、ふにゃふにゃでボリュームもなく貧祖です。髪を結んでごまかそうにも、結ぶ髪が少ないのでカモフラージュ出来ません。

 

 

 

こうなったら貧乏パーマだ!と、カーラーやネットで話題のソックバンドも実践してみました。しかしカーラーも靴下での巻き髪も上手くいきません。

 

 

 

何となく巻けている感は出ても、すぐに巻きが取れてしまいます。余計に髪をいじる様になってしまい、これでは髪や頭皮に逆効果なのでは?と疑問を抱く日々が続きました。こんな風に試行錯誤しながら数ヶ月が過ぎ、カラーリングしに美容院へ行きました。

 

 

 

 

美容師さんに髪や頭皮の負担について聞くと、やはりヘアアイロンでグリグリ巻くのは髪にも頭皮にも良くないとの事。

 

 

 

でも私の様なぺしゃんこネコ毛の人にとって、ヘアアイロンは必須アイテムです。そんな悩める女性の為に、新しいヘアアイロンが誕生したと教えてくれました。私が今まで使用していたヘアアイロンは、約180度まで一気に温度を上げて使用するタイプでした。しかし新しいヘアアイロンは40度から使用可能です。

 

 

 

180度の設定もあるものの、使用しても髪の内側からタンパク質を保護しながら熱を加える画期的な仕組みなので、髪を傷める事がないそうです。髪から水蒸気が発生しても臭いがなく、180度で30秒以上継続で使っても髪に艶が出て美しさが増すのです。

 

 

 

180度で使用しても髪が傷まないというのも画期的ですが、40度という低温から使用可能だという所に惹かれました。

 

 

 

痛むどころか髪が美しくなる・・本当にこんな事が可能なのでしょうか。熱によってタンパク質を溶かして髪を固定し、冷えてタンパク質が再凝固する事でカールを保持させる。この様な従来式の方法だと、タンパク質変成を起こした髪は元の状態に戻りません。

 

 

 

 

しかし新しいヘアアイロンでは、タンパク質を水和水によって保護しつつカールをかける為、水和水構造が堅個になります。

 

 

 

よって熱によるダメージを起こさないのです。何だか難しい説明ですが、とにかく髪や頭皮に負担がなく使えるヘアアイロンなら“買い”です。価格がかなりびっくりなのですが、自分の髪の事なので仕方ありません。

 

 

 

一応お試しに髪をカールしてもらった際に手触りと使用感共に良かったので、これでまた明日から巻き髪の毎日に戻したいです。それにしても、年末に大金をはたいてしまいました。お年玉が待ち遠しいです。